実録!平凡社員が1億円貯蓄を目指す奮闘記!

44歳係長でも妻と協力し46歳までに手堅い資産運用で貯蓄額1億円を目指します。新築戸建を購入(5,000万円)し完済。借金なく貯蓄額は9000万円(2018年6月末)超え。ストレスなく誰でもできる資産運用に徹しています。焦らずじっくり増やすのが我が家流。過度な節約はせず家族が幸せになれるお金の使い方を追求します。

《管理人厳選》

スポンサーリンク

『買ったら下がり,売ったら上がる!の法則』から抜け出せない人が株で儲けることは難しい。個別株への投資はやめた方が良いのでは?

こんにちは,ひなたパパです。

私の知り合いに,『株を買ったら下がり,売ったら上がる』という法則に嵌っている人がいます。

それも一人だけではなく,複数名いるのです。

そういう人達の特徴は,下記のような感じです。

・1日に何度も株価をチェックする

・情報収集するけど,十分に調べきれていない(中途半端)

・損益に敏感すぎる

・株の評価(掲示板などいわゆる口コミ)を,購入後も随時チェックする

こういう人って結構多いのかな?と思い,ネットで「株を買ったら下がる!売ったら上がる!」というキーワード検索すると,思った以上に多くの記事がヒットしました!

この法則にハマっている人は,結構多いのかも知れません。

先ほど挙げた特徴は,私の周りの人だけを観察して挙げたものなので,ネット上の情報と異なることも多いかも知れません。

 

スポンサーリンク

 

 

株価の上がり下がりについて,知人の相談を受けることがあるのですが「ほったらかしにしておけば?」と言います。

当然,財務状況が悪化したなど,損切りすべき銘柄なら売却などを進めますが,そうでもないことが多いのです。

とにかく,株価の値動きをチェックしすぎて,日々の損益に振り回されているだけなのです。

私のように短期売買を中心としたトレードであれば,日々チェックしてもよいのですが,「株を売ったら上がる!買ったら下がる!」と嘆く人は,デイトレードでもスイングトレードでも無く,長期保有が前提の人が多いです。(厳密にいうと,投資スタイルが決まっていないだけなのですが・・・)

ですので,私は「ほったらかしにしておけば?」というのですが,性格的に,日々確認しなければ落ち着かないようです。

そして,利益をあげるときも,ちょっとした値上がりで「すぐに利益確定」です。

逆に,値下がりは損切りを即することはなく,「普通ならもう底値でしょ?」と思う頃に,ネット掲示板などで「底抜け!!」と悪い情報ばかりキャッチし,我慢できず売却です。

そして,リバウンドし始めても再購入に踏み切れず,様子見し株価が上昇していくのを嘆いているのです。

うん,この人は株に向いていない!と私は思うのです。

長期保有前提の人は,「決算短信」「中期計画」を読むくらいで,「どーん」と構えていれば良いのです。

株を売ったらあがる!買ったら下がる!の法則に嵌っている人がいましたら,株から足を洗うか,投資信託に切り替えましょう。

もちろん,頑張って「決算短信」「中期計画」をチェックしても良いと思います。

ですが,私がアドバイスした人も,いまだに当たらない有識者のコメントや株掲示板の情報に踊らされ続けているので,結局,貴重なお金と時間をムダにするのだろうなと思います。

リンクフリーですが著作権は放棄しておりません