実録!平凡社員が1億円貯蓄を目指す奮闘記!

44歳係長でも妻と協力し46歳までに手堅い資産運用で貯蓄額1億円を目指します。新築戸建を購入(5,000万円)し完済。借金なく貯蓄額は9000万円(2018年6月末)超え。ストレスなく誰でもできる資産運用に徹しています。焦らずじっくり増やすのが我が家流。過度な節約はせず家族が幸せになれるお金の使い方を追求します。

《管理人厳選》

スポンサーリンク

消費者金融大好き?!キャッシング枠が増えることは貯金が増えることと同じだと言うヒモ男現る!!

こんにちは,ひなたパパです。

最近,面白い(?)部下ができました。

社内でも噂の「女性に面倒を見ていてもらっているヒモ男」です。

そのヒモ男は20代前半の若手社員です。

仕事に取り組む姿勢は真面目で,見た目も爽やかな好青年といったところ。

「本当にヒモ男なのかな?」と噂話を疑います。

仕事の話をしていても,その受け答えは実に好感を持てます。

そんなある日,彼の歓迎会をすることになりました。

 

お酒もほどよく入り,席それぞれに盛り上がってきたところで,私は「拓也(仮名),ヒモ男って噂聞いたけど,本当なの?」とストレートに疑問をぶつけます。

拓也は,「え?本当に噂になっているのですか?誰が言ってるんですか?」と噂を流している人を気にしている様子です。

ですが,根が面白い奴なので,会話は次第に盛り上がります。

心なしか,目の前に座っている女性から,冷ややかな視線を感じます・・・。

そして,拓也が驚くことを言ったのです。

「僕,消費者金融でお金借りないと生活できないです!」と何故か誇らしげです。

f:id:hinata-papa:20171223230829p:plain

(ひなたさん,消費者金融は上手に活用しないと!と拓也・・・。)

私は拓也の彼女が心配になりました。

「彼女は,消費者金融でお金借りていること知っているの?」と聞きます。

すると,「もちろん知っていますよ!お金ないこと知っているから,夜ご飯とか全部ご馳走してくれます♪出来た彼女ですよ!」と笑顔です。

本人は楽しそうに話していますし,彼女も彼のお金絡みの話は知っているようなので,私は説教じみたことをいう気にもならず,話を聞きます。

 

スポンサーリンク

 

 

色々な話しをしていると「最近,貯金が増えたのですよ!」と話します。

私は「え?借金しているのに貯金しているの??」と驚き,「それなら,先に借金返した方が良くない?」とアドバイスします。

すると「ひなたさん,違いますよ!キャッシングの限度枠が増えたのですよ!」と言います。

私が「はぁ?意味分からないよ。」と返事すると,拓也は熱く語ります。

「我々借金族は,キャッシング枠が増える=貯金が増えるという認識なのです!だって,引き出せるお金が増えるでしょ?」と本気で話している様子です。

f:id:hinata-papa:20171223233808j:plain

(ひなたさん,理解できないかぁ~簡単な理論ですよ!)

理解不能な拓也の考え方。

心の中では「違うだろ!」と思いつつ,歓迎会という楽しい場で説教じみたことは厳禁です・・・。

一緒に聞いていた真面目な女性も「冷たい視線」が「凍りつくような視線」に変わり,「拓也のような駄目男を好きでいられる彼女は,心が広いなぁ」と全員で頷くのでした・・・。

リンクフリーですが著作権は放棄しておりません