実録!平凡社員が1億円貯蓄を目指す奮闘記!

係長でも妻と協力し45歳で,節約と手堅い資産運用で貯蓄額1億円を目指します。新築戸建を購入(5,000万円)し完済。借金なく貯蓄額は9000万円(2018年6月末)超え。資産運用情報や日々の出来事を綴ります。最近はシンプルな生活にも憧れてます。

《管理人厳選》

スポンサーリンク

節約・貯蓄・シンプルライフなど役立つブログ村の人気記事がいっぱい読めます。

○「家計管理・貯蓄」はこちらから

○「節約・節約術」はこちらから

○「生活お役立ち」はこちら

○「ライフスタイル」はこちら

○「シンプルライフ」はこちらから

企業型確定拠出年金(DC)運用利回り1%未満が最多という結果。投資をした事のない人が老後資金(退職金)を増やすことができるのか?

こんにちは,ひなたパパです。

企業型確定拠出年金(企業型DC)を取り扱う大手,三菱UFJ信託銀行株式会社(旧日本確定拠出年金コンサルティング株式会社、略称DCJ)から,運用利回りのレポートが届きました。

妻の勤める会社が加入しているもので,運用利回りの分布がレポートとして公開されており,日本人の保守的な資産運用が浮き彫りになっていました。

運用利回り分布(拠出開始以来)

拠出開始後6ヶ月を経過した加入者を対象に算出した結果がこちらです。

f:id:hinata-papa:20180930204528j:plain

ちょっと画像が見難くて申し訳ないのですが,拠出開始以来の運用利回りは「0%~1%」がトップで,約30%もの加入者が該当しています。

妻は運用利回り「9%~10%」の位置にいます。

妻の勤める会社が,退職金を自身で運用させる企業型DCに移行する方針を打ち出したのが約5年前ですので,グラフに含まれる加入者は全員6ヶ月~約5年間運用していることになります。

ここ数年は最高の株式市場であるにもかかわらず,約3割の方が運用利回り「0%~1%」という結果であることに驚きました。

 

スポンサーリンク

 

 

0%~1%の人はどの商品で資産運用しているのか?

運用利回り1%未満の人が,どんな商品で資産運用しているのか,分析されている資料は運用レポートについていませんでした。

ですが,これについては容易に推測できます。

預貯金および日本国債の2商品をメインにポートフォリオを組んでいると思われます。(元本われしない商品に集中させている)

退職金の元本(私と妻の場合)は,1500万円程度なので,この運用成績で終始するようであれば退職金は1600万円程度にしかなりません。

運用利回りは最低でも2~3%程度は目指したいもの

確定拠出年金は長期に渡って積み立てをする制度です。

ですから,商品選びさえ間違えなければ,多少の増減がありつつも,最終的には3%程度の利回りが期待できますので,まずはこの数字を目標にしたら良いと思います。

分布表の右下に記載されていますが,加入者の利回り平均は,現在までで「3.14%」となっています。

そんな中で,運用利回り6%以上を達成している加入者も20%近くいます。

彼らは,投資信託商品の比率が高い人であり,ここ数年の株高の恩恵を受け,成績がよくなっているのです。

ですが,日銀が無理やり押し上げた株価対策はあと数年で終焉を迎え,超高齢化社会となる日本は,株価が長期に渡り低迷することも考えられます。

今後は,商品をより厳選し,平均利回り3%を維持できるように管理をしっかりする必要があります。

現実は甘くない

空前の株高で,確定拠出年金などがクローズアップされる機会が多いですが,実態はこの程度のものです。

私も,妻の友人から相談を受け,ポートフォリオを見直してあげたりしているのですが,相談者もあまり運用について理解しておらず,私にお任せといった感じです。

(商品選びから具体的な比率までお示ししています。責任は,当然のことながら,相談者に持ってもらいますが。)

確定拠出年金はテクニカル分析より,ファンダメンダル分析が重要なので,投資未経験者には商品選びや,ポートフォリオの見直しといったことは難しいのかもしれません。

参考までに,私の運用成績は10%を超えています。

運用利回りで退職金は数倍も変わります。

こちらの記事を参考に,利回り改善に努めてみてはいかがでしょうか?

☞確定拠出年金のポートフォリオ(資産分配)公開!11月の運用成績は?運用利回りで将来の受取額は数倍も変わります! -2017年12月ー 

リンクフリーですが著作権は放棄しておりません