実録!平凡社員が1億円貯蓄を目指す奮闘記!

44歳係長でも妻と協力し46歳までに手堅い資産運用で貯蓄額1億円を目指します。新築戸建を購入(5,000万円)し完済。借金なく貯蓄額は9000万円(2018年6月末)超え。ストレスなく誰でもできる資産運用に徹しています。焦らずじっくり増やすのが我が家流。過度な節約はせず家族が幸せになれるお金の使い方を追求します。

《管理人厳選》

スポンサーリンク

期間限定の大チャンス!遺伝子検査で将来のリスクに備えよう♪肥満・メタボ・肌質・はげ遺伝子など検査できます!

こんにちは,ひなたママです。

もうすぐクリスマスですが,プレゼントは準備万端でしょうか?

先日のボーナス支給日夫がお小遣いでBRUNOのグリルポットをプレゼントしてくれたのですが,クリスマスにも,もう一つプレゼントしてくれるとのことに!

何かというと,GeneLifeの遺伝子検査キットです。

私は,この商品は知っていて,前々から検査したいなぁって思っていましたが,29,800円という額を見て諦めていました( ・´ω・`)ショボン

たとえ1生に1度の検査だとしても,主婦としては中々思い切れない額ですよね~。

それがですよ?何と,何とー!?

f:id:hinata-papa:20171217142913j:plain

期間限定67%OFF の9,800円(税抜き)なんですよ。

夫が,「せっかくのチャンスだから,クリスマスにプレゼントしてあげるよ。この商品,肥満遺伝子とかメタボ関連遺伝子とかだけでなく,病気のリスクや肌質も含めて,360項目も検査してくれるから。ひなたママは,健康だけど,今から遺伝子リスクを幅広く知っておくことが重要だと思うよ。健康はお金にかえられないからね。」

実は,夫は遺伝子検査の経験者です。

(夫は,人間ドックでいくつか検査項目に異常が見られたので,私が夫の遺伝子リスクを知りたくて検査を受けてもらいました。夫の自腹で…)

自分が経験しているので,遺伝子検査に関しては理解があります。

期間限定で値下げ中の今,私が気になっていることがあるなら検査してみるべきだ,ということでプレゼントしてくれることになりました。

※画像をクリックする購入ページに移動します。

遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

 

私は,会社の健康診断を毎年受けていますが,40歳時の検査までオールA,つまり超健康体でした。(30歳も半ばを超えてくると,全項目で異常なしとなる人の割合はかなり減るようですので,ちょっとした自慢です^^)

そんな元気な私が,どうして遺伝子検査に興味があり検査を受けたいと思うのか?

それには色々な理由があるんです。

検査キットが届いたら,また詳しく記事を書きますので,今日はさらっといきます。

  • 大学時代に遺伝子工学をかじっていたので,遺伝子検査に興味があること。(20年以上前ですが,遺伝子組み換えとか世間に話題が出てきた頃でした。クローン羊のドリー,覚えてますか?)
  • ここ数年で,父方のおじの半数(6人中3人)が「がん」を発症したこと。(がん,怖いですよね。)
  • 手の冷えが酷くなると,レイノー現象(血が一時的に通わず真っ白になる)が起きることがあること。(免疫系の異常が怖いです。)
  • 41歳の婦人科検診で,卵巣の腫れを指摘されて経過観察が必要となったこと。(卵巣がんに対するリスク,気になります。)

自分の健康について考えたとき,今元気なんだけど,将来はどうだろうと漠然と不安に思うことがあります。

でも,それだけだと病院って行くことは出来ないですよね。

そういうとき,人間ドッグに行けば良いのでしょうか?

確かに人間ドッグは,今現在の健康について徹底的に検査しますが,「今,この瞬間に異常がないかどうか」を見ているので,将来にわたる不安は消えることがありません。

ですから,1年に1回は継続して検査する必要があります。

また,人間ドッグは項目が限られており,全身検査となると10万円以上かかるようです。

いくら何でも,漠然とした不安のために,普通のサラリーマンが毎年出せる金額ではないですよね。

遺伝子検査も決して万能ではありませんが,最大のメリットは遺伝子情報は生涯変わることがないということです。

一生に一度の検査で幅広くリスクを抽出することができ,その情報を将来にわたる健康維持に役立てることができると考えられます。

たとえば,「糖尿病になるリスクが高い」という結果が出た場合,私は今実践中のゆるいロカボ生活を一生涯行うと思います。

免疫系の異常リスクが高いのであれば,専門の病院を探し,ピンポイントの検査を定期的に受けるかもしれません。

 

医療費についても考えてみました。

私の父は高血圧症で,他に異常はありませんが,降圧剤を飲み始めて数年経ちます。

恐らくもっと歳をとり亡くなるまで,ずーっと飲み続ける,つまり定期的に病院に通うことになっているのです。

長ければ30年,自己負担額が毎月1,500円とすると,1年で18,000円,30年で54 万円必要な計算になります。(今日はざっくり計算です。)

この54 万円って,若い頃から食生活や生活習慣に気をつけていれば,必要なかったかもしれませんよね。

また,母は高脂血症の予備軍で,ドクターが薬をちらつかせて警告するレベルでした。

薬を飲みたくなかった母は,血圧を下げる効果をうたったトクホ製品を1年間続け,体重も落としたため,なんとか薬を回避しました。

でも,毎月7,500円,1年で9万円もかかっています。

私の両親も,もっと早くリスクが抽出できていれば,若い頃から生活習慣や食生活に関して,もう少し気を遣っていたかもしれませんね。

 

遺伝子検査なんてしなくたって,今から超健康的な生活したらいいじゃんって思う方もいらっしゃいますよね。

それはその通りかもしれませんが,人間は脳が楽な方に流れる生き物なので,誰からも警告を受けていない状況で,ストイックな生活を死ぬまで続ける,そういう生活が出来る人はごく一部だと思います。

少なくとも私には無理ですので,今回の遺伝子検査で出てくる警告と,今後受ける健康診断の結果を合わせて考えて,将来の健康維持に役立てたいと思います。

今後も,遺伝子検査についての記事や,私の検査結果についても記事を書いていきたいと思いますので,興味がある読者様はまたチェックしてみてくださいね。

 

興味はあったけど,値段が高くって躊躇していたよって方,今がチャンスですよ!

繰り返しになりますが,期間限定67%OFF の9,800円(税抜き)です♪

 

👇購入はこちらから出来ます👇

遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

リンクフリーですが著作権は放棄しておりません